杵島さんちの梅しごとと保存食 梅干し、梅酒、梅ジャムなどと初夏の保存食

杵島さんちの梅しごとと保存食 梅干し、梅酒、梅ジャムなどと初夏の保存食
杵島直美 著/
1260円(税込)/
B5判 79ページ/

梅酒や梅干し、らっきょう潰け、紅しょうがなど梅仕事や季節の保存食づくりは、単純に「つくる」という作業だけにとどまらず、家族や友人と、愉しみながらつくり、おいしく味わう、心豊かな食の暮らしの風景がここにあります。

杵島 直美/
料理研究家。和食、洋食、中華、エスニックとあらゆるジャンルの料理を手がけ、時代にあったメニューや調理方法を積極的に取り入れながら、料理をつくる楽しさと、家庭料理の大事さを伝えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)